確定申告が必要な人

年間の所得の合計額が基礎控除その他の所得控除の合計額を超える場合は確定申告をしなければなりません。

[給与所得者の場合]
普通、年末調整によって所得税が精算されていますが、
1.給与の収入金額が2,000万円を超える場合
2.給与を1ヶ所から受けている場合で、その他の収入があり、その所得が20万円を超える場合
3.給与を2ヶ所以上から受けている場合で、年末調整された主たる給与以外の給与の所得が20万円を超える場合


[個人事業者の場合]
個人事業者の場合は、確定申告をすることにより、税金の申告をすることになるため、確定申告はしなければなりません。


[その他]
臨時の収入などで、所得が20万円を超える場合は、確定申告しなければなりません。