所得税-仕組み

所得が1種類のみで納める税金が発生する場合の計算の流れは、次のようになります。
はじめに、「収入金額」から「収入から差し引かれる金額」を差し引いて、「所得金額」を求めます。
次に、所得金額から「所得から差し引かれる金額」を差し引いて、「課税される所得金額」を求め、これに税率を乗じて、「所得税額」を求めます。
最後に、所得税額から「税金から差し引かれる金額」を差し引いた金額が、「申告納税額」です。