確定申告書の様式と使用区分

確定申告書の様式には、大きく分けて、確定申告書A、確定申告書B、分離課税用があります。

給与や年金の所得の方が、医療費控除や住宅借入金控除などを受ける場合には、確定申告書Aでも確定申告書Bでも作成可能ですが、 より簡易な確定申告書Aを使われることをお薦めします。

個人事業者の方は確定申告書Bを使用して下さい。

また株式の売却や、不動産の売却がある方は、確定申告書B及び分離課税用の申告書が必要になります。