消費税-帳簿の記載と保存

・帳簿の記載事項と保存期間
課税事業者は帳簿を備え付けて、これに取 引を行った年月日、内容、金額、相手方の氏 名又は名称などの必要事項を整然とはっきり 記載し、この帳簿の閉鎖の日の属する課税期 問の末日の翌日から2か月を経過した日から7 年間、納税地等で保存する必要があります。

・帳簿の保存方法
帳簿は、原則として帳票類で保存します。特例として、7年の うち最後の2年間は一定の要件を満たすマイクロフィルムによる 保存が認められます。
また、あらかじめ所轄税務署長の承認を受けて、コンピュータ で作成した帳簿を、一定の要件の下に電子データにより保存する ことができます。

・記載事項の省略ができる場合
小売業、飲食店業、写真業及び旅行業等を営む事業者は、「取引の相手方の氏名又は名称」及び「売上返 品等に係る相手方の氏名又は名称」の記載を省略することができ ます。