医療費控除

医療費控除とは自己または自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合は、次の計算式による金額を所得から所得控除として差し引くことができます。
「(支払った医療費の総額-保険金などで補填される金額)-10万円と総所得金額等の合計額の5%相当額のいずれか少ない金額=医療費控除の金額」
ただし医療費控除の金額が200万円を超える場合には、200万円が限度となります。