確定申告の手順

確定申告の結果、税金を支払うことになれば、まず納付書という書類を記載してもらうのを忘れないようにしましょう。
税金は計算しただけ終わりではありません。
税金を納付書で納付して初めて納めたことになります。
納付書には、申告者の住所、氏名を記載します。税額も記載します。
納付書は、金融機関又は郵便局の窓口で納付できます。
なお毎年納付するのを忘れないようにするため、また手間を省くためにも、振替納税制度というものがあります。
これは税金を預金の口座から、自動引落できる制度です。