誤りがあった場合

次の方法で申告内容を訂正してください。

[訂正方法]
・申告をした税額等が実際より少なかったとき 「修正申告」をして正しい額に訂正する。

・申告をした税額等が実際より多かったとき 原則として確定申告書の提出期限から1 年以内に「更正の請求」をして正しい額への訂正を求める。

なお誤っている申告額を自発的に訂正されない場合には、税務署長が正しい額に更正します。
また、申告の必要があるにもかかわらず、確定申告をされなかった場合には、税務署長が所得金額や税額を決定します。
税務署長が更正や決定を行う場合や提出期限に遅れて申告した場合などには、新たに加算税が賦課される場合があるほか、延滞税を併せて納付しなければなりません。