住宅借入金控除

一定の要件を満たす家屋の新築、取得または増改築等をして、その家屋を取得等した日から6ヶ月以内にその人の居住の用に供した場合において、その人が住宅の取得等に係る一定の借入金または債務を有するときは、住宅借入金等特別控除額を所得税の額から控除できます。


控除を受けるために必要な書類

1.家屋(および土地)の登記簿の謄本または抄本
2.売買契約書または請負契約書(取得または請負金額、年月日などが明らかな書類)のコピー
3.住民票の写し
4.住宅借入金の年末残高証明書(返済明細ではありません)
5.増改築の場合は、建築確認済証の写し、検査済証の写しまたは建築士の発行した増改築等工事証明書