減価償却

建物・車両・機械などの固定資産は、購入後何年にもわたって使用し、徐々に価値が減っていくものです。
そのため購入時に全額を経費処理することなく、何年かに配分して経費処理する方法です。

減価償却の方法には、定額法と定率法があります。
定額法は毎年同じ金額が減価償却費として計上されます。
定率法は初年度が一番多く、その後だんだんと償却費が減っていく方法です。
償却率は建物、車両などその使用などにより細かく決まっています。
未償却残高とはまだ償却されていない金額のことです。