棚卸しについて

その年分の必要経費となる商品などの売上原価や消耗品費は、その年中の商品などの仕入高や消耗品などの購 入高そのままではなく、次の算式で計算した金額となります。

売上原価=年初(期首)の棚卸高十その年中の仕入高一年末(期末)の棚卸高
消耗品費=年初(期首)の棚卸高十その年中の購入高一年末(期末)の棚卸高

そこで、決算をするにあたっては、まず、年末の商品などや消耗品などの棚卸高を調べる必要があります。

1.棚卸しをしなければならない資
棚卸しをしなければならない資産は、次の資産です。
しかし、通常の年に比べて特に増えていない消耗品などについては、棚卸しを省略しても差し支えありません。

①商品など……商品、製品、半製品、仕掛品、原材料、副産物、仕損じ品、作業くずなど
②消耗品など……包装材料、ガソリン、事務用品などの消耗品や使用可能期間が1年未満または取得価額が 10万円未満の工具、器具、備品などのいわゆる少額な減価慣却資産でまだ使用していないもの


2.棚卸しの時期
棚卸しは、年末(12月31目)にしなければなりません。
しかし、多忙のため年末に棚卸しができないような場合には、年末から多少前後した目に棚卸しをしても差 し支えありません。
この場合には、例えば、次の計算例のように12月31日と棚卸目の間の売上げ、仕入れなど から12月31目現在の棚卸高を計算するとともに、その計算方法を明らかにしておく必要があります。


3.棚卸しの方法
棚卸しは、まず、商品などや消耗品などの種類、品質、型などの別に、その数量を実地に調べます。


4.棚卸資産の評価(棚卸高の計算方法)
棚卸資産の評価方法は、あらかじめ税務署へ届け出ている方法(例えば、先入先出法や後入 先出法、総平均法、売価還元法など)によって評価しますが、評価方法を届け出ていない場合は、次の最終 仕入原価法により評価することになります。

年末に一番近い時期に仕入れたその棚卸資産の仕入単価 ×年末の棚卸資産の数量

5.棚卸表の作成
棚卸しが終わったら「棚卸表」を作成します。
また実地棚卸しに際して、棚卸資産の数量などを記載したメモなどの原始記録は、棚卸表と一緒に保存しておきます。